2022年8月17日レジン作家おゆっこちゃんとビーズ作家の愛子さん

自由な私にはうれしい対応

とにかく明るくて、誰かのため、を常に考えている女性という印象が強いです。
そして人が大好き。
さらに、柔軟性も高いです。

おゆっこちゃんのレジンワークに参加して感じたのですが、一般的には決まった作品を作る、というのが多いのに
「なんでも作りたいもの作っていいよー」

型にはまりたくない私には
「なんでもいいの?自由に作っていいの?やったー---!!!」なのです。

だから次のレッスンは何を作ろうかなーという気持ちでワクワク💖

もちろん、型通りに何か作りたいという方にも対応してくださるので、
本当にそこがこの今の時代に合う「個性」を大切にした柔軟な対応は、今まさに求めらえているものだなと思うのです。


守破離を大事にする人

レジンは最初にお母さまの愛子さんと基礎を学んだそうです。
今なら本や動画サイトでいろいろ自由に学べる時代だと思うのですけど。
基礎からやるほうが、オリジナルを作るのには早道だなーと私は思っています。

基本もできないのにアレンジなんてできません。
そしてまず自分で作ってみてから、人に伝える。
それも本当に素晴らしいと思います。

「なんでもできちゃう器用な人」は頭の中で組立だけして、
実際には作らずそのプロセスを大事にしない人もいます。

そういう基本を大事にしていくところも、クリエイターとしては見習いたい部分です。

娘を見守るお母さま

私はお母さまの愛子さん主催のビーズワークショップは受講経験があるのですが、おしゃべりも楽しいイメージの方だったのですが、
今回は娘を見守る母、という感じであまり発言はされませんでしたが、終始娘さんのお話にうなずいておられたのが印象的でした。
ぜひ次回は愛子さんにはビーズの面白さと子育ての先輩としてお話を聞かせていただけると嬉しいなーと思っています。

おゆっこちゃんの情報

インスタグラム:https://www.instagram.com/mere_sympathie/

17LIVE:おゆっこ☃️💫yukko🐬

番組アーカイブ